技術研修のご案内

ヒトES細胞の取扱いに関する技術研修

実施趣旨

本技術研修は、「ヒトES細胞の分配及び使用に関する指針(文部科学省)」の第24条3項に基づき、ヒトES細胞使用研究の従事者として既に文部科学大臣の確認を受けた者を対象とするものである。

1概要

ヒトES細胞の凍結保存法、解凍法、継代培養に関する基本的な技術を習得するための実技研修

  1. ヒトES細胞の維持培養に必要となるマウス栄養細胞(mouse embryonic fibroblasts: MEF)の作成方法に関する講義と実習
    尚、本項目は、マウス又はサルES細胞の培養経験を有し、MEFの作製方法を既に熟知している者は受講する必要はない
  2. MEFを用いたヒトES細胞の維持培養方法に関する講義と実習
  3. ヒトES細胞の凍結保存方法に関する講義と実習
  4. 凍結保存されているヒトES細胞の解凍方法に関する講義と実習
→ 詳細スケジュール (PDF)

2日程

実施期間 応募締切日
2019年6月7日(金) 2019年5月10日(金) 締切
2019年10月4日(金) 2019年9月6日(金) 締切
2020年2月7日(金) 2020年1月10日(金) 締切

3場所

理化学研究所 筑波事業所 細胞研究リソース棟内(茨城県つくば市)

4対象

文部科学大臣に届出を受理された使用計画を実施する使用責任者または研究者

5定員

3名

6費用

12,000円

7申し込み方法

所定の【申込書】(PDFまたはWordファイル)と、【別紙】に必要事項をご記入、ご捺印の上、必ず下記2点の書類を添えて、研修事務担当<申込、問い合わせ先を参照>までご郵送下さい。

  • 使用機関の倫理審査委員会の承認書または結果通知書の写し
  • 「文部科学省の受理の連絡の写し
    (「(参考)使用計画開始までの手続の流れ」の「⑥届出受理の連絡」)
    ヒトES細胞の使用に関する指針ガイダンス 令和元年5月10日文部科学省 研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室

8その他

受講決定者のうち、理化学研究所内の宿泊施設利用を希望する方は、お早めに研修事務担当までご連絡下さい。ただし、ご希望に沿えない場合がございますので、予めご了承下さい。

申込書(ヒトES細胞の取扱いに関する技術研修) PDF Word
別紙 PDF Word

申込、問い合わせ先

〒305-0074
茨城県つくば市高野台3-1-1
理化学研究所 筑波事業所 研修事務担当
FAX: 029-836-9100
E-Mail: kensyu@rtc.riken.jp