利用者の皆様へご協力のお願い

研究成果情報について

バイオリソースを利用して得られた研究成果情報に関するお願い

皆様の研究成果等の情報がバイオリソースの価値を高め、さらなる利活用を促進します。研究成果の発表の際には、利用したバイオリソースの名称と番号の正確な記載をお願いいたします。研究に用いたバイオリソースに関する情報は、他の研究者が同じバイオリソースを入手するために有用かつ必要です。皆様の成果論文等をバイオリソース付随情報としてリソースカタログ及びデータベースとリンクすることにより、皆様の成果が他の研究者に広く認知され、高く評価されるのみならず、科学の発展に大きく貢献します。

理研BRCのリソース番号は国際的に認められた固有IDであり、正確な情報発信に必要です。

実験に用いたバイオリソースを、論文のMaterials and Methodsに正確に記載していただきますようお願いいたします。下記は英文論文における記載例です。

xxxx (リソース名およびID) was provided by the RIKEN BRC through the National BioResource Project of the MEXT/AMED, Japan.

xxx (リソース名およびID)記載例
マウス 系統 B6-Tgfbi<tm1(TGFBI)Dokm> mouse strain (RBRC09538)
植物 種子
培養細胞
DNA
Arabidopsis transposon-tagged line 54-0232-1 (pst00001)
BY-2 cell line (rpc00001)
RIKEN Arabidopsis full-length cDNA clone (pda91001)
細胞 細胞株 The human embryonic lung fibroblast cell line, MRC-5 (RCB0211)
遺伝子 遺伝子クローン
ゲノムDNA
pRSFlag_mmSumo1clone (RDB06126)
Genomic DNA of Bacillus halodurans JCM 9153 (JGD12232)
微生物 微生物株 Strain JCM 10002

論文発表、プレス発表、特許登録等の研究成果報告のお願い

下記の連絡先にご報告いただいた研究成果は、各開発室のホームページより発信させていただきます。

成果連絡先
マウス animal@brc.riken.jpまたは、NBRP-RRCへの登録
植物 plant@brc.riken.jpまたは、NBRP-RRCへの登録
細胞 cellbank.brc@riken.jpまたは、NBRP-RRCへの登録
遺伝子 dna_qa.brc@riken.jpまたは、NBRP-RRCへの登録
微生物 inquiry.jcm@riken.jpまたは、NBRP-RRCへの登録