ニュース

哺乳類の受精に必須の精子由来酵素を同定
-哺乳類の受精機構の解明と男性不妊の原因究明に貢献-

遺伝工学基盤技術室の廣瀬美智子テクニカルスタッフII、冨島俊子テクニカルスタッフII、小倉淳郎室長らの国際共同研究グループによる研究成果が、2020年1月21日(日本時間)、科学誌「PNAS」に掲載されました。


作出したアクロシンノックアウトハムスター精子の運動性と先体反応速度の結果の図